Stroebel

ストロエベル

Villers Allerand

La Montagne de Reims

シャンパーニュの若きビオ生産者、ティモテ・ストロエベルさんは38才。アルザス出身の曾お爺さんが現在の家と畑を買いブドウ栽培を始めました。彼のお父さんはワインとは別の仕事をしていましたが、彼は17才の頃からワインを好きになり、ヴィニロンを志し、ボーヌの醸造学校で勉強し、ブルゴーニュの蔵元などで仕事をしながら自分の畑を探していました。南仏やボジョレー地区で探していましたが、相続でおじさんといとこからお爺さんの畑をやらないかと声がかかり、ここシャンパーニュでワイン造りを2001年よりスタートすることになりました。2004年より除草剤の使用を止め、2008年よりビオの栽培に切り替え、2014年にようやく認定を取るにいたりました。彼はビオに転換するのには10年はかかる、すぐに畑ができるものではない、と言います。農薬を使うのはもうたくさん、後戻りはしたくない、とも。3.5haの畑から800012,000本を造っている。畑はプルミエ クリュで、2haがピノムニエ、1haがピノノワール、それと0.5ha2002年に彼が植えたシャルドネ。シャルドネは気に入ったブドウがなかなかできず、2014年に初めてよいものが取れ始めた。 彼はムニエが好きで、2011年はムニエ100%で造られている。ムニエでも良い物ができることを証明したかったと。 収穫は畑で厳しく指導し、選果する。カセットに入ってきたブドウをチェックする人を専門に付け、悪いものを取り除かせる。それなので、蔵に来たときには良いものしかカセットに入っていない。

一次醗酵は自然酵母で一番搾り果汁のみ使用。ノンシャプタリ、ノンフィルター、ノンコラージュ。二次醗酵はビオのカンナ(サトウキビ)を使用。瓶熟24~30ヶ月でデゴルジュマン、リキュール添加せず、同じシャンパンを足す。

とてもシリアスでまじめな彼はシャンパーニュでも異色の存在にみえる。妥協を許さないその姿勢はこれからますます楽しみな若手です。

  • Brut 1er cru “HERACLITE” ブリュット プルミエ・クリュ “ヘラクリテ”

    Vt: NV 品種: ピノムニエ100%
    造り: 1964年植樹
    20%樽発酵
    ノンフィル
    ノンコラ
    40~50hl/ha
    容量: 750ml 税込参考上代: 6,480
  • Brut 1er cru “HERACLITE” ブリュット プルミエ・クリュ “ヘラクリテ” デゴ時亜硫酸無添加

    Vt: 2011 品種: ピノムニエ100%
    造り: 1964年植樹
    20%樽発酵
    ノンフィル
    ノンコラ
    40~50hl/ha
    容量: 750ml 税込参考上代: 7020
  • Brut 1er cru “HERACLITE “Sous Bois” ブリュット プルミエ・クリュ “ヘラクリテ スーボワ”

    Vt: 2012 品種: ピノノワール60% ピノムニエ40%
    造り: 100%樽発酵
    ノンフィル
    ノンコラ
    デゴ時亜硫酸無添加
    容量: 750ml 税込参考上代: 8640
  • お問い合わせ